• (仮)畳屋さんを改築してうどん研究所にします

    石膏ボードに対してのパテ塗りも一通り完了いたしました。内壁の塗装をおこなっていきます。内壁塗装は引き続き「かんたん・あんしん・珪藻土」です。

    初心者用珪藻土
    初心者用珪藻土

    バケツにドボドボとついで、施工の準備です。バケツな容器に入ってますが、中身はビニール袋に珪藻土の液体が詰まっています。

    珪藻土の塗料です
    珪藻土の塗料です
    珪藻土をバケツに
    珪藻土をバケツに

    手順としては、①パテを綺麗に平らに削る・磨く。マジックロンというヘチマタワシのようなものでゴシゴシこすって平らに滑らかにいたします。

    珪藻土を塗装前
    珪藻土を塗装前
    パテ部分を平らに削ります
    パテ部分を平らに削ります

    そして、②珪藻土が余計な箇所について汚れないように養生をいたします。養生用のマスキングテープや養生テープを使います。予算を低くと思い、ビニルテープで養生いたしました。ローラー作業ではみ出たローラーが汚しそうな箇所をテープでガードします。

    余計な部分に珪藻土が着かないように養生します
    余計な部分に珪藻土が着かないように養生します

    ③養生が完了すれば珪藻土の塗り始めます。ローラーでペタペタとコロコロと塗ってまいります。少なくとも二度塗りをする予定です。まずは1度目塗り、乾いたら(2~3時間と仕様書にかいてますが、一晩乾燥させます)2度塗りを行っていきます。

    隅に塗ってまいります
    隅に塗ってまいります

    珪藻土塗料はトロっとした液体です。余計な塗料はバケツの網で落としてから塗りますが、どうしてもハネが飛んできます。ズボンも服も汚れてしまいます。登山用のズボン・・・一つ犠牲といたしました。もっと安いズボンにしておけばよかったと少し後悔(;´д`)

    衣服は汚れます
    衣服は汚れます

    ローラーは滑らかに転がらないので、ねとぉーっとした珪藻土を石膏ボードにぐりぐりと塗っていく作業は、案外と肩に力が入る作業で、腕と肩がこってきます。

    しっかり塗っていきます
    しっかり塗っていきます

    塗料は一度袋からバケツに移すと固まってきますので、肩こりに負けずに集中して塗っていきます。なるべく1度目塗りは完成させたいと「全集中!ダメ人間の呼吸!」です。

    脚立にまたがっての作業です
    脚立にまたがっての作業です

    脚立の上り下りと移動を繰り返し、上部も下部もしっかり塗ってまいります。だんだんと壁が白くなっていきます。

    珪藻土を塗ってまいります
    珪藻土を塗ってまいります
    壁が明るくなってまいりました
    壁が明るくなってまいりました

    隅の部分が塗り残しとなったり塗装が薄くなったりとならないように気を付けて塗っていきます。大雑把な箇所は大きいローラー、隅は小さいローラー、秀樹は傷だらけのローラーと使い分けです。

    端っこも丁寧に
    端っこも丁寧に

    トタン1枚で穴だらけだった外壁も見えなくなりました。そして内装を施し、ずいぶんと綺麗になってきました。

    勾配天井部分内壁に1度目の珪藻土を塗装
    勾配天井部分内壁に1度目の珪藻土を塗装
    壁が綺麗に映えてきました
    壁が綺麗に映えてきました

    まだまだ先は長いですが、ますます居室らしくなってきました。残りの天井やいじってない側の反対側の内装壁も仕上げていきます。仕事につきましたが、働きに出たほうがメリハリと時間配分が明確になってきて、リフォームの集中力が増してきました(^^)/引き続きがんばります!

    部屋が白く明るくなりました
    部屋が白く明るくなりました

    コメント一覧

    返信2020年5月21日 4:02 AM

    くわいちょうさん24/

    確かに部屋が明るい❗️ 視察に行きたいとこじゃが、バイト先の電車で四国までお迎えに来てくれんかのう…

      返信2020年5月21日 9:54 PM

      DA~☆やま(^^)v24/

      かなり明るい感じとなりました 画像で見るより、より白いです^^; もう少しクリームぽいのが理想でしたが…

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA