• (仮)畳屋さんを改築してうどん研究所にします

    壁断熱材の施工もひと段落し、お次は床張りしていきます。フローリング材にチョイスしたのは「コメリオリジナル桜無垢フローリング(クリア美節)」
    隣町のコメリで正価より割引されていたので購入。前回のブログにて無垢材を選択と書きましたが、よくよく考えると「1枚もの」の本物の無垢材ではないと思いました。合板や紙材よりは断然に質感のある無垢材に限りなく近い集成材的なものでしょうか。質感は大変気にいっています。ネットで床のリフォームや無垢床材を検索すると、皆さん拘って素材を選ばれていますが、「なるべく安くていい感じのもの」をコンセプトに考えているのでこちらをチョイス。

    フローリングを貼っていきます①
    フローリングを貼っていきます①

    上記画像の右上にある床張り用ボンド「床職人」を塗って施工していきます。サネにはフローリング用のビスを打ち込んで仕上げていきます。以前の屋根裏部屋の床施工の方法と同じです。屋根裏部屋と比べて断然広々な空間で作業が可能で、大変楽に施工していけます。ただ、半無垢材ゆえに反りがあって、すんなりと雄ザネ・雌サネがハマってくれなかったりします。両手を使って反りを押さえつつグイグイとはめ込む作業を繰り返していたのですが、作業が終わったころには両腕がパンパンに。

    コメリの桜フローリング
    コメリの桜フローリング

    突板や合板や紙のフローリング材に比べて肌触りや質感はいいなと思いました。試しにごろっと寝転がったら気持ちいいです。

    半分まで来ました
    半分まで来ました

    日々、ラジオを聴きながら家にこもっての大工仕事です。新型コロナで世の中は騒然ですね。N〇Kラジオで約1時間ごとのニュースの中で株と為替の情報をお伝えしてくれるのですが、その値動きにびっくりです!経済も市場も世の中も、この先不安でいっぱいとなりました。ますますケチケチでリフォームせねばとテンションダウン(-_-;)

    少しの隙間はご愛敬です
    少しの隙間はご愛敬です

    無垢材ゆえに反りや狂いがあり、どうしてもピッタリと施工することはかないません。施工後も反りが生じると思うので、いちいち気にはしなくていいのかなと割り切ってます。説明書にもそのように書いてありました。反りや生じた隙間ゆえの少しのごつごつとした肌触り、それが無垢フローリングのいいところですもんね。

    1室貼り終えました
    1室貼り終えました
    見た目も肌触りもいい感じです
    見た目も肌触りもいい感じです

    1室分のフローリングを張り終えました(^^♪予想した以上に良い質感に仕上がりました。この後、早速ここで昼寝をしましたが、・・・良かったです♪

    お次は壁の下地に取り掛かります
    お次は壁の下地に取り掛かります

    断熱材むき出しのままでは居住性は良くありませんので、さらに部屋らしく仕上げてまいります。埃まみれとなることにいやいやと思い解体しているときよりもリフォームの速度とテンションは上がってまいりました。壁の仕上げは珪藻土にしようか漆喰にしようかとあれこれ考えてワクワクです・・・もしかしたら予算ダウンで安い壁紙になるかもですが・・・(^▽^;)


    コメント一覧

    返信2020年3月15日 3:09 PM

    高松のおばちゃん24/

    ワオ! 素晴らしく家らしくなりましたね。 これなら、泊まりに行けそうです。 今日は、来週で終了する「カキ小屋」に行って来ました。 元旦に行った際より、さらに大きくなった牡蠣は美味しかったです(^.^) また、一緒に行こうね。。。(╹◡╹)

      返信2020年3月16日 9:00 AM

      DA~☆やま(^^)v24/

      ボロボロの解体状況の頃に比べたら家らしくなってきました。 廃材もほとんど捨てましたので、2階で寝ようと思えば寝れる状態です。 牡蠣はますます美味しくなってそうですね。来シーズンもまたご一緒させてください!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA